再来店しないお客様対策

売上を上げるために重要な施策は、新規のお客さんを集める前に、既存のお客さんをしっかりとケアすることです。

そこで重要になるのが再来店しなかったお客さんを復活させるということ。

これがうまくできるようになると、新規のお客さんを獲得するコストを大幅に節約することができるので、ぜひ実践しましょう。

動画の書き起こしはこちら

はい、それでは、今回は、「再来店しないお客様の対策」について、お伝えしていきます。

再来店しないお客様というのは、来店サイクルが来ても、来店しないお客様ですね。

これは人によって様々だと思うんですけども、たとえば3ヶ月来なかったら、再来店しないなと感じたり、あとは、半年というパターンもありますね、6ヶ月。

人によって違うと思うので、本来、このお客様だったらこの期間空ければ来てくれるのに、まだ来てくれないなという時には、今回お伝えするような対策を行ってみると良いと思います。

まず、1つ目の対策というのが、「DMですね。

この「DM」は、ハガキで送ったり、あとは手紙で、封筒にメッセージを込めて、便箋とかで書いて送るという形ですね。このどちらかが良いと思います。

形式ですね、DMの形式は、手紙かハガキのどちらでもオッケーですね。あとは、メールとか、LINEという形もありますよね。

このハガキか手紙で、今回は送るものと考えます。できる限り、メールとかLINEよりは、こういったもので、実物で送ってあげた方がいいですね。住所とかを録っているのであればですね。出来る限り、これは手書きで送りましょう。

やっぱり手書きの方が心がこもっていますし、この人が一人一人、担当してくれた人が私に向けて、書いてくれたんだと思ってくれるので、そういった意味で、手書きで必ず書くようにしましょう。

あとは、美容室で会話した内容を書くと、結構、効果的ですね。

美容室で、たとえば、お客さんが、「今度こういった所に行くんですよ」って話をされたのであれば、「そこはどうでしたか」っていう形で、またお話をお聞かせくださいね、という形で来店を促すと、そういう形で、DMを打っていくと、結構、効果的ですね。

あとは、お客様のお悩みとかですね。こういったお悩みがあったと思うんですけども、いかがですか、解決できましたか、とか。そういったことも気遣ってあげるといいですね。

要は、お客様が自分のことを考えてくれているんだ、というような内容を、ダイレクトメッセージに書くといいですね。

あとは、これに追加して、割引チケットっていうのも、送ってあげてもいいですね。このチケットを送る場合は、必ず期間限定の割引とか、あとは割引でなくても、オプションメニューのプレゼントとかもいいですね。

たとえば、眉カットとか、あと、シャンプーが有料であれば、シャンプーとか。あとは、ハンドマッサージとかでもいいですね。普段、ちょっとした有料のメニューをプレゼントする、と。

この期間までに来てくれれば、プレゼントするということを打ちだして、再来店してもらうという形でもいいと思います。

あとは、指名なしクーポンですね。もしかしたら、再来店しない理由というのが、前回ついた担当についてもらいたくないな。

でも、担当を変えてくださいとは言いづらいなという形で、再来店されていないという可能性もありますので、指名なしであれば、このクーポンを使って、割引になりますよということをしっかりと伝えてあげれば、お客様にとっては、割引というメリットですね。

メリットと、前回の担当者に当たらないという、メリットですね。前回の担当者が嫌だった場合ですけど。このような形で、指名なしクーポンを渡してあげるのも、良いと思います。

あとは、キャンペーンですね。期間限定のキャンペーン。たとえば、誕生日キャンペーンで、割引とかプレゼントを何かを渡すという感じですね。

あとは、クリスマスキャンペーンとか。季節ごとにキャンペーンって、いろいろありますよね。桃の節句キャンペーンとか、夏休みキャンペーンとか、春休みキャンペーンとか。

こういった期間限定のキャンペーンを打ち出すことによって、今お得だから行こうかなという形で、また再来店してもらえるきっかけにもなりますよね。

こういった形で、再来店しないお客様に対して、情報を提供してあげても良いと思います。

このDMにプラスで、こういった割引チケットを送ってもいいですし、指名なしクーポンを送ってもいいと思いますし、こういったキャンペーン情報を送ってもいいと思います。

これをDMとは別に送ってもいいですし、あとは、メルマガとかLINE@とかで送ってもいいですね、こういった情報をですね。

あとは、お店の前の看板でも、こういった情報を知らせておいてあげても良いと思います。

ただ、既存のお客様、普通に来店してくださるお客様と、すみ分けをしっかりとしておかないと、既存のお客様は、「せっかく毎回来ているのに、サービスが違うじゃないか」っていう話になってしまうので、そこら辺はしっかりとバランスを取って、サービス提供を行うようにしてください。

お客様にアプローチしやすいのが、LINEですね、今は。LINEはほぼ、開封してもらえるので、ブロックされない限りは開封してもらえますからね。

開封してもらえるので、できる限り、お店で登録してもらうようにしましょう。

あと、お店のLINEに、LINE@ですね。お店のLINE@に登録してもらったら、スタンプを送ってもらうといいです。これによって、どのお客様がどのLINEアカウントなのかを把握することができます。

だから、もし来店されなかったら、再来店されなかったお客様には、個別でアプローチ可能になるということですね。なので、一人一人のお客様を管理するということが、重要になってきます。

こういった形で、再来店しないお客様に対しては、DMであったり、割引チケットであったり、LINEという形で、とにかく、アプローチしてみてください。

再来店しない理由っていうのは様々なんですけれども、何となく、このお店には行きたくないなと思われてたり、他の所でキャンペーンやっていて安かったから、他の所へ一回行ったら、なかなか次回行きづらいなとか。

そういった感じのお客様が多いので、しっかりと来るきっかけを与えるということを意識して、これらの対策を行ってみてください。

【無料】美容室の売上アップを実現する15日間講座

「美容室の売上アップを実現する15日間講座」は、1日1講義、合計15日に渡り、美容室の売上をアップさせていくために重要なことをご登録いただいたメールアドレスにお送りしていきます。

講座内で使っている講義動画は合計4時間46分以上です。これらはすべて無料で見ることができます。

とても重要な内容になっていますので、ぜひご覧になってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です